TAKUSHIN
*
* * *
*
* * *
*
*
トップページ
*
* * *
* * *
* * *
*
* * *
*
* * *
*
*
トピックス・新着情報
*
*
* * *
*
* * *
*
*
会社概要
*
*
* * *
*
* * *
*
*
業務案内
運行課
生乳課
チルド課
検査室
*
*
* * *
*
* * *
*
*
ご意見・ご要望
*
*
* * *
*
* * *
*
*
リンク集
*
*
* * *
*
* * *
拓進運輸株式会社
業務案内
運行課
生乳課
チルド課
検査室
検査室
   生乳検査は「日本農林規格と乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」に準拠して行います。

 業務は多大な責任が課せられるため、妥協のない検査と迅速で確実な検査結果の報告が必要になります。

 酪農家の方々が搾った新鮮な牛乳を乳業工場までお届けするまでの重要な業務と位置づけ
「安全・安心」 な牛乳のみを受け入れて頂ける様、365日休み無しの検査体制で臨んでいます。

 生乳室の「生乳検査員」が集乳段階で、官能検査・アルコール検査・乳温等のチェックを実施後の検査であり、 検査室の業務は第2段階の更に精度の高い作業に移ります。
具体的には以下の項目になります。
  細菌検査(ブリード法)
  抗生物質検査(スナップ並びにデスク法)
  体細胞検査(顕微鏡による)

 更に、この他の比重・酸度・生菌数・乳成分検査等は「福島県乳質検査協議会」で行います。

 第 3段階として、乳業工場のより精査な受け入れ検査があります。

 この検査を経た確かな牛乳のみが原乳(げんにゅう)として工場のタンクへ届けられます。
私たちが飲んでいる牛乳はこうして何段階もの厳しい検査を経て初めてお客様の元へ届けられることになります。

■ 牛乳の細菌数調べ
 
 
集乳してきた牛乳の細菌数を数えます。
一件ごとの細菌数を調べ、安全な牛乳を集めています。
■ 牛乳の抗生物質残留調べ
 
 
集乳してきた牛乳の抗生物質を調べます。
ローリーごとの牛乳の抗生物質を調べ、安全牛乳しか納めません。
■ 簡易抗生物質検査
 
 
簡易抗生物質検査風景
■ 細菌数検査風景
 
 
牛乳の細菌数検査風景
■ 公定法でのローリー及び個人酪農家依頼の抗生物質残留検査
 
 
デスク検査
*
〒963-0541 福島県郡山市喜久田町堀之内字千杯田16-10
TEL.024-959-4438 / FAX.024-959-2050
info @takushin-un-yu.co.jp